中古車購入に必要な書類しっかりと憶えましょう

必要書類とは車を登記するため

さぁ、いよいよ中古車購入の契約。 契約書を交わすときに必要となるのが、契約申込金であるお金。
「契約の時はそれ以外にはいらないの??」

契約した後にでも書類を用意しても間に合います。 たいていは販売店は必要な書類のフォーマットを用意してくれますが、なかには自分で用意しなければならないものも有ります。
ここではそれらを確認してください。

電化製品などと違い、車の購入とは「契約」に基づくたものです。 それに伴い、下記のような書類が必要になってきます。
ほとんどは販売店に任せて済みますが、実印と印鑑証明書は自分で用意しなければなりません。
この2つはいずれも購入前に用意しておくことが出来ますが、契約後に用意を始めても遅くないのでご安心してください。

印鑑証明書並びに実印

実印が確かに登録されたものである事を市区町村が証明する証書です。
印鑑証明書の有効期限は3ヶ月しかないので、出来る限り販売店には発行から1ヶ月未満のものを渡しましょう。

実印は委任状などの捺印に必要となりますので必ず用意しておきましょう。

実印とは不動産や車などを購入する際に必要となる印鑑のことで、住んでいる市区町村役場で「実印登録」を行う必要があります。
ゴム印など変形しやすいハンコ以外ならたいてい実印として登録出来ます。

100円ショップなどでも容易に購入出来る三文判(認印などの使う既製品)の印鑑などでも登録出来ますが、複製されにくい様にオリジナルの印鑑をハンコ屋さんなどで作成する事をお薦めします。

自動車検査証車検証

解り易く言いますと車の戸籍謄本です。 中古車であれば販売店で保管しているます。
購入後、納車された際に所有者の欄が自分の名前になっているか(ローンなどを利用していれば所有者欄が信販会社で使用者欄が自分の場合も有ります)確認をしよう。
また、任意保険に加入する時に自動車検査証のコピーが必要になるので、購入した中古車を販売店が自分の名義に登録した時に、車検証をコピーさせてもらうといいでしょう。

サーティーでは、ご希望のお客様に登録完了後の車検証のコピー又はFAXをさせて頂いています。

委任状陸運支局へ提出する書類

車の登録に関する業務は手続きが複雑で、通常は販売店に代行してもらいます。 この際に「登録に関する手続きを第三者(ここでは販売店)に委任する意思」を示す書類がこの委任状です。
ここに実印を捺印。 書類自体は販売店が用意してくれます。※サーティーは用意してあります。

サーティーはご契約時に委任状に実印をご捺印頂きます。 実印をお忘れのお客様には委任状を一度お持ち帰り頂きご捺印の後に頂戴しております。

車庫証明書保管場所証明書

車の保管場所(駐車場)を管轄する警察署に申請して、警察による確認の後に交付される証明書です。 車を自宅に駐車するか、賃貸の駐車場に駐車するかによって異なるのですが、いずれにせよ販売店または警察署で入手できます。 賃貸の駐車場の場合はその駐車場を管理する不動産会社又は貸主(大家さん)の署名と押印が必要なる書類がありますので、車庫証明書に申請な書類をの一覧を下記にてご説明いたします。

車庫証明書申請に必要な書類
  • 自動車保管場所証明申請書
  • 保管場所の所在図・配置図
  • 自認書(自分名義の自宅に置く場合)
  • 保管場所使用承諾証明書(賃貸駐車場に置く場合)

4.の保管場所使用承諾証明書は駐車場の賃貸契約書のコピーでも申請可能です。
不動産屋さんに頼むと料金が掛かる場合は、駐車場の契約書を上手く活用しましょう。(もちろん賃貸契約期間内で有る事)

<<前ページ | 次ページ>>
Copyright(C) MiyabiCorporation.Co.,LTD. All Rights Reserved.